松葉杖の使い方

松葉杖の情報を簡単に解説してみたいと思います。

 

まず、松葉杖ですが、一般的には足の不自由な方が使用するものとなっています。
よって、使用する年代としては、年配の方がやはり多いですね。

 

年配の方以外であれば、生まれつき足が悪くて自力歩行が困難な障碍者の方や、極まれに、部活動や体育の授業で足を骨折して松葉杖をついて通学している学生もみかけたりします。

 

この、松葉杖ですが、使用している方を見るとヒョイヒョイ簡単に使っているように見えるのですが、一番最初は使い方で苦労されたという方もいるみたいでありますね。
松葉杖にも基本的な使い方というのは、やはり存在します。

 

そして、この基本を守らないと、階段や段差があるところなどで転倒することもあるため、ぜひ、松葉杖の基本的な使用方法を学んでいってもらいたいと思います。
まず、階段を昇る時の松葉杖を紹介していきます。

 

階段での松葉杖の使い方

例えば、あなたが足をケガして左足が地面に付くと痛みを感じる時なのですが、順番としては、

右足を上の段に乗せてから、松葉杖と左足を上げるということ

これは、なぜ、このような順番で行動するのか分かりますか?
分かった方は、なかなか鋭いです。私も最初はわからなかったですから。

 

実は、松葉杖とは、両脇で支えているものですよね?
この時に、一番最初に、松葉杖を上げてしまうと段差ができて、松葉杖が脇に引っかかってしまうのです。
この、引っ掛かった状態は階段では大変危険な状態であるため、絶対に松葉杖から上の段に乗せるということはしないでください。
基本は、元気な足から上の段に上げ、その後に、松葉杖を上げるということを忘れないでください。
松葉杖から先に上げてしまうと重心が、後ろにかかったような状態になるため、下手をすると後頭部から転倒することになります。
大変、危険であるため、しっかりと順番を守り、松葉杖を使用してください。
そして、反対に階段を降りる時には、順番が逆になります。

 

松葉杖から降りて、右足を最後に降ろす

階段を降りる時には、昇る時とは真逆になります。
基本的には、ケガをしている足側から、松葉杖と足を降ろします。
今回の例では、左の足と松葉杖から降ろすということになります。
そして、最後に元気なほうの足を降ろすという作業です。
階段を昇る時と、降りる時の、松葉杖の使い方は微妙に違ってきます。
しっかりと覚えておかないとせっかく完治しかけていたケガもつまらない転倒でパァということになりかけないので、ぜひ、本日の記事で覚えていってください。